年収1000万以上稼ぐフリーランスってどんな人?

フリーランスとして仕事をしている人の多くが年収1,000万円を目標にしています。

ですが、実際には年収1,000万円を超える収入を得ているフリーランスは少数派です。

数字にするとアンケート上では3%と少ない印象を受けますが、

日本の現在のフリーランス人口1,228万人の3%で計算すると、

実に37万人が1000万の収入を得ているということになります。

せっかくフリーランスになるならその37万人に入りたいですよね!!!

今回、年収1,000万円を稼いでいるフリーランスの特徴を4つにまとめてみました!

数字にこだわり仕事をしている

「自分の任されている枠を超えてまで成果を出したい」と思える人。 こう思える人は、数字(結果)が全てということを、深い意味でよく理解しています。 自分のテリトリー内だけで仕事をしていると思っている以上に成果が上がりません。 当然、自分に返ってくるリターンも増えていかないのが現実です。 売り上げを意識した結果、自ら新規事業を展開するなど会社への貢献度が 高くなり、結果的に売り上げに見合うリターンが自分自身に返ってきます。

プライベートが充実している

また、稼ぎまくるエンジニアはリア充です。(笑) エンジニアって真面目だしなんだか、休日も仕事をしているイメージ… 実はそうではないんです!!!! 稼ぎまくるエンジニアは、友達が多く、たくさんのコミュニティーがあり、 仲間と趣味のバスケや、フットサル、様々なイベントなどに積極的に参加しています。 「仕事だけでなく趣味や遊びも全力」これがとても大切なのです。

コミュニケーション能力が高い

フリーランスとして仕事を受けていく上でコミュニケーション能力は必須です。 これは、1番大切といっても過言ではないでしょう。 実際にクライアント先とのトラブルはコミュニケーション不足によるものが多いです。 ネット上でのやり取りが多く、人と話すのが苦手な人が多いエンジニア業ではありますが コミュニケーション能力だけは自分の努力次第というところもあるので 一番手軽に身に付けていけるスキルともいえますね。 コミュニケーション能力が高い人は良い仕事が勝手に手に入ってくるのです!!

謙虚な姿勢がある

稼ぎまくるエンジニアはスキルが高く開発経験も豊富なのですが、 とにかく低姿勢で謙虚なのです。 自分の高い経験値に満足せず、常に新しいものを吸収しようとし、 人の意見を聞き入れ、相手を尊重する姿勢があります。 常に学ぶ姿勢があるので、新しいものをすぐに吸収でき、 どの現場でも活躍することができ、信頼を勝ち取ることができます!! 稼ぎまくるエンジニアは、誰からも尊敬され、人としても素敵な人なのです。

まとめ

1000万以上稼ぐフリーランスエンジニアは高いスキルはもちろんのこと、それ以上に人間性、考え方が素晴らしいということですね!

是非参考にしてみてください。

関連記事

  1. フリーランスの年齢層

  2. 業務委託契約での注意点

  3. フリーランスのメリット

  4. フリーランスが持ったほうがいい資格

  5. フリーランスが加入すべき保険とは

  6. フリーランスの方が活用するツール