業務委託契約での注意点

業務委託契約とは、

社内で処理できない業務や委託したほうが効率や効果が期待できる業務を外部に任せる際に用いる契約です。
外部の力を借りて、自社の事業活動そのものを大きく成長できる可能性を秘めています。

しかし、契約条件を確認しておかないと、トラブルの原因になることもあります...

例えば、受託した企業は目標に達しなかったり事前に打ち合わせしていた成果物を作成できなかったりした場合、何らかのペナルティが科されます。

フリーランスの方にとって、業務委託契約はよくある契約のひとつです。実際に取引先と業務委託契約を締結している方も少なくないと思いますが、その契約の性質や契約によってどのような責任を負っているかについては理解する必要があります。
業務委託の契約形態には2つの種類があり、責任の範囲や報酬の支払条件などが異なります。
業務委託契約には「委任契約」と「請負契約」の2つが存在します。

委任契約とは、

特定の業務を行うことを委託する契約です。

受託者は契約で定めた期間に業務を行う責任を負い、業務の処理状況や結果の報告も義務付けられています。委託契約では成果物や納品物という考え方がなく、業務そのものが報酬の対象となるため、業務の処理量や効率など成果に対する責任を問われることはありません。

請負契約とは、

仕事の結果に対して報酬が支払われる契約のことです。

受託者には業務を完成させる、もしくは成果を出すなどの義務があり、義務を果たして初めて報酬を受け取ることができます。

そのメリット・デメリットをまとめました!!

委任契約

●メリット

  • 業務の進捗や結果に関われず報酬を請求できる
  • 収入の計画を立てやすい
  • いつでも契約を解除することができる

●デメリット

  • 報告義務がある
  • 突然仕事を失うリスクがある

請負契約

●メリット

  • 自身の裁量で仕事を進められる
  • 仕事の生産性が高ければ利益が出やすい
  • 請け負った業務を外部へ委託することが可能

●デメリット

  • 納品まで報酬が発生しない
  • 契約不律行の場合は損害賠償を求められる

まとめ

業務内容によって適切な契約形態が異なるため、それぞれの違いを理解した上での契約が必要です。 契約をするということは、責任を負うということ。契約形態が不透明な場合や、明らかに不利な条件であれば、契約内容の見直しを求めても構いません。トラブル回避はもちろん、フリーランスとして生計を立てていくためにも、業務委託契約を締結する際は内容を十分に確認してから署名するようにしましょう。

関連記事

  1. フリーランスの退職金について

  2. ITフリーランスの人気言語は?

  3. フリーランスにこそ必携ビジネスマナー

  4. フリーランスの年齢層

  5. 年収1000万以上稼ぐフリーランスってどんな人?

  6. フリーランスの年収例